5.3憲法大集会開催される

05.03

 日本国憲法の施行から77年となった憲法記念日の5月3日、東京・有明防災公園で「武力で平和はつくれない!とりもどそう憲法いかす政治を2024憲法大集会」が開催され、3万2000人が参加しました。
 主催者あいさつで、総がかり行動実行委員会共同代表の小田川義和さんは、「安保3文書改定によって大軍拡が進んでいる。憲法を守る運動のうねりを大きくしよう」と訴えました。
 スピーチでは、伊藤真弁護士が自民党による改憲の動きを批判し、「戦後日本は、日本国憲法前文と9条によって戦争をしない国になった。政府に戦争をさせないとした憲法に私たちは守られてきた。今度は私たちが憲法を守らなければならない。憲法をいかす政治をとりもどしましょう。武力で平和はつくれない。これが現実です」と述べました。
 次に、新外交イニシアティブ代表の猿田佐世弁護士が、「皆さんは日本は平和国家だと思っているでしょうが、残念ながら日本は名実ともに軍事大国になりました。軍事力強化の旗印となったのは抑止力の強化というもの。日本が軍事力を強化し抑止力を強めたら他の国は攻めてこないというが本当でしょぅか。抑止力強化ではなく外交が重要。外交で緊張を緩和することが何よりも必要です」と訴えました。
 その後、立憲野党の代表によるあいさつが続き、原発事故被害者団体連絡会共同代表の武藤類子さんと、沖縄名護市辺野古の米軍新基地建設に反対する「辺野古新基地を造らせないオール沖縄会議」共同代表の高里鈴代さんがあいさつに立ちました。


関連記事

カレンダー

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る